バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック/賢く買うならこの方法

バイアグラジェネリックのご紹介

 

バイアグラは一番初めにできたED治療薬で、歴史も深く使用されている方も大勢いますので、その安全性は確立されています。

 

バイアグラの発売当初は、まだ日本で認可されていない事もあり、個人輸入で購入する人が多く、バイアグラを使用指定はいけない人まで使用してしまったため、事故などが起きましたが、その後すぐに日本でも認可され医者の管理の元で処方されるようになってからは、バイアグラによる事故は皆無となりました。

 

発売当初はそんな事もあり、危ない薬と言うイメージが多かったのですが、月日も経ち安全な薬である事も知れ渡り今では多くのバイアグラフォンが存在しています。

 

バイアグラは日本では、50mgと25mgだけが認可されていますが、世界では、100mgのバイアグラが発売されています。

 

日本でもネットを通じて、バイアグラの100mgを買うことができます。

 

バイアグラは、発売当初からジェネリックがインドから発売されており、現在では多くのバイアグラのジェネリックが販売されています。

 

通常、ジェネリック医薬品ができるのは、そのクスリの特許が切れてからなのですが、現実には新しい薬が発売されるとすぐにインドからジェネリックが出てくるのが現状です。

 

何となく、危ないのではないかと思われる人も多いと思いますが、インドの製薬技術はかなり発達していて商品は高品質の良いものが生産されています。

 

ですので、バイアグラのジェネリックも安全な高品質な薬がインドから発売されています。

 

インドでどうして世界の常識を破ってジェネリックを合法的に発売できるのかと言いますと、インドの特許に関する考え方が他国と違い、製法特許のみを認めて成分に関しての特許は認められていないからなのです。

 

このあたりの細かい事は、「インドの特許事情」を参考にしてください。

 

ただ気を付けなければいけない事があります。

 

バイアグラのジェネリックには偽物がかなり販売されているのです。

 

東南アジアなどで、バイアグラの偽物を作って、平気で100%本物保障などと言って販売されていますので注意が必用です。

 

当サイトでご紹介しているバイアグラのジェネリック及び、バイアグラは実際に当サイト管理者の私が使用していて安全であることを確認してご紹介していますので安心して購入してください。

 

偽物を見分けるコツとしては、値段が異常に安い、存在しない用量のバイアグラを販売している(バイアグラ200mgなど)、クレジット決済ができない

 

偽物を販売しているところは、もれなくクレジット決済ができません。(クレジット会社で審査が通らないからです。)
これは薬に限らず、シャネルやプラダ、ビトンなどの偽ブランドを販売しているところも同様です。

 

バイアグラ・バイアグラジェネリック

 

バイアグラの効果と正しい使用方法

 

バイアグラを初めて使用する人は、いきなり用量の多いものを使用するのではなく、25mgから初めて見ましょう。

 

皆さん、用量が大きければ効果も凄いのだろうと感じていると思いますが、目的はしっかりと勃起してセックスが満足にできる事が重要です。

 

25mgで十分に効果があるのであれば、50mgや100mgなど全く必要がありません。(実際に購入するときには、100mgが一番必要なのですが、この点は後で書きます。)

 

自分に効果がある用量で十分ですので、初めから最大の用量のED治療薬を選択するのはあまり賢い事ではありません。

 

最初に効果の強い用量を使用してしまいますと、体がそれに慣れてしまって、本来ならもっと少ない量で十分に効果があるのに、それに気が付かず結果とて高い買い物をすることにもなりますし、薬はなるべく少量で最大の効果を得られるものが体に一番優しいのですから、それも無くしてしまいます。

 

容量の少ないものから取りあえず初めて、それでも効果が無かった場合は量を増やしてみましょう。

 

バイアグラの服用は一日1錠となっています。他のED治療薬もそうですが、基本は1日1錠になります。

 

特にバイアグラは、食事の影響を受けますので、空腹時に飲む事で最大の効果を得る事ができます。もしどうしても食事をしなければいけない場合には、食事の1時間ぐらい前に服用して、完全にバイアグラを体に吸収させてしまうか、食事の後2時間程待ってからバイアグラを使用するかのどちらかになります。

 

バイアグラは医者で処方してもらうと、50mgで1錠1500円〜2000円程になります。この金額ですとさすがに常用するのには財布にキツイので、何とかこの金額を抑える必要があります。

 

その時に有効なのが、個人輸入になります。

 

クスリはある一定量までなら個人で輸入することが法律で認められています。医薬品等の個人輸入についてを参考にしてください。

 

ですが、実際に個人でクスリを輸入することは、煩雑な事務作業があり不可能ですので、この個人輸入を専門にしている会社に委託する形で実際には輸入されます。

 

ですが、この個人輸入に関しては、注意が必用です。

 

皆さんが個人輸入に関しての知識が無い事をいいことに、偽物の薬をあたかも本物であるようなふりをして、販売している個人輸入の代行業者が実に多いのが事実です。

 

結構有名な業者でみも調べて見ますと、偽物だったなんて事があります。

 

このような偽物の薬は、お金を損するだけでなく、体にも悪い影響がありますので、最悪の場合には病気になってしまいます。

 

当サイトで紹介しています業者は、私が実際に使用して間違いない事を自身で確認してからご紹介していますので、偽物を買わられる心配は全くありません。

 

 

バイアグラの賢い購入方法

 

バイアグラの本物をもちろんネットで購入することができます。

 

ですが値段的にはネットの方が安いとはいえ、せいぜい安くても30%ぐらいの安さが精いっぱいのところです。

 

これはあくまでもご自分の用量に合ったバイアグラをその用量で買った場合の事になります。

 

ここで少し頭をひねるといい知恵が生まれてきます。

 

だいたいの日本人は使用しているバイアグラの量は50mgが圧倒的に多いのは現状です。ですがネットで値段を見ますと50mgと100mgにはそんなに値段の差がありません。この点が重要です。

 

医薬品の代行業者はピルカッターと言うものも同時に販売しています。このピルカッターは売れ筋NO1ぐらい売れ筋です。

 

ここまで書くと感のいい方はもうお分かりと思いますが、100mgを購入して、ピルカッターで半分にして50mgとして使用するのです。

 

この方法ですと、値段はぐっと下がり、医者で買う値段の半分以下になります。

 

でも実際は、バイアグラのジェネリックをみなさん購入しています。

 

バイアグラのジェネリックを一番安い価格で購入すると(買う量が増えると値段が安くなります。)100mgが4錠で554円ですので、1錠で138円になります。

 

それをピルカッターで半分にしますと、50mgでなんと1錠69円で購入することが可能です。医者で購入すると1500円の薬が69円で購入できるのですから、これを知ったらもう医者でバイアグラを買うのがばかばかしくなってしまいます。

 

これはバイアグラに関わらず、レビトラ、シアリスにも同じ事が言えます。

 

ですので、みなさんこのことをご存じの方が多いため、ピルカッターの売上がいいわけです。
ピルカッター

 

ちなみに、はさみやナイフでピルを半分にすることはとても難しく、上手に半分にすることはできませんので専門の器具を使用しましょう。器具の値段は千円以下とお安いので問題はありません。

 

バイアグラ・バイアグラジェネリック

 

バイアグラの魅力

 

バイアグラの魅力と言えばなんといってもその勃起力の強さにあります。

 

バイアグラは狭心症の治療薬を開発中に偶然見つかったED治療薬の元祖です。

 

その後、いろんな種類のED治療薬が発売されましたがいまだにバイアグラの人気は強く、多くの方が利用をしています。

 

レビトラ、シアリスなどは、バイアグラの欠点を修正したED治療薬なのですが、なぜ今でもこんなに使用されているのでしょう?

 

家電でしたら、新製品が出てきましたらよほど以前の製品が安くない限り旧商品を買う事はありません。

 

ですが、バイアグラは値段も変化していませんし、売り上げも好調です。

 

それには大きな理由があります!

 

最初にも書きましたが、他の新しいED治療薬に比べて、圧倒的に勃起をする力が違うのです。

 

その後開発されましたED治療薬は、バイアグラに更に違う効果を足すために余計な成分を入れてあります。

 

ですので、副作用も弱く、効果時間も長いなどいろんな利点を得る事ができます。

 

ですが、バイアグラにはこのような成分が全く添加されていませんので、ある意味純粋な薬といえます。

 

ダイレクトにその作用だけが凝縮されて入っているのです。

 

ですので、いろんな規制が多いバイアグラですが、その効果の威力を知った人はなかなか違うED治療薬に変更しない傾向があります。

 

今後もそんな意味で、コアなバイアグラファンが大きな売上を上げていくものと思われます。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ